沙棘サジージュースの効果・効能

沙棘サジーとは?

沙棘サジーの効果・効能

サジーの学名は「ヒッポファエ・ラムノイデス」と言います。
HippophaeRhamnoidesと書き馬をキラキラさせる木という意味です。

 

馬がよく使われているモンゴルなどに自生している生命力のとても強い落葉灌木で、その名食べると馬たちが元気になるからこういう名前になったのでしょうか?

 

 

寒さの厳しい山岳地帯や寒暖の差が激しく水分が少ない砂漠地帯といった厳しい自然環境の中でも自生しています。

 

 

厳しい自然環境の中で成長するということは、沙棘サジーの中に様々な栄養成分が含まれているということです。
なぜなら、水が豊富にあり地面にも栄養がたくさんあれば根っこからいつでも栄養補給することができますが、水分も少なく土地も痩せている場合いつでも栄養を補給することができるわけではないので自分の体の中に栄養を蓄えておく必要があります。

 

サボテンも砂漠に生えてる代表的な植物ですが、たまに降る雨を自分の体内にたくさん蓄えることができてずーっと雨が降らなくても大丈夫な構造になっています。

 

 

沙棘サジーも同じように、水分やその他栄養素を豊富に体内に保存することができる植物の1つです。

 

 

最近はその栄養素に注目して、ジュースにしたりして栄養機能食品として販売されるようになってきました。

 

 

沙棘サジーに含まれる豊富な栄養成分

沙棘サジーに豊富に含まれる代表的な栄養素を紹介します。

 

ビタミンC 【レモンの9倍】美容に効果大
亜鉛 【いちごの3.8倍】美肌、抜け毛などにも効果あり
鉄分 【プルーンの38倍】貧血に効果あり
ビタミンE 【ほうれん草の4倍】強い抗酸化力効果あり
βカロテン 【プルーンの2倍】
アミノ酸 【米酢の6倍】体を作るたんぱく質の素
アスパラギン酸 【米酢の65倍】
リンゴ酸 【りんごの8倍】

 

この他にも、
有機酸:クエン酸、キナ酸 など
ビタミン類:ビタミンA、B1、B2、B6、B12、K1、葉酸 など
ミネラル:カリウム、カルシウム、亜鉛、セレン など
ポリフェノール・フラボノイド: ケルセチン、ルチン、ミリセチン、ケンフェロール など
カロテノイド:αカロテン、ルテイン など
脂肪酸:α-リノレン酸、リノール酸、オレイン酸 など
植物性ステロール:β-シトステロール、カンペステロール、イソフコステロール など
糖鎖:キシロース、マンノース、ガラクトース など

 

 

様々な成分が豊富に含まれています。

 

いろいろな成分が含まれていて、それぞれの成分が相互的に効果をもたらします。

 

 

沙棘サジーを摂取して得られるかもしれない効果

沙棘サジーを飲んだからといって必ず効果が出るわけではありません。
豊富に含まれる栄養素を摂取することで期待できる効果です。

 

美容効果

 

野菜不足の食生活に栄養を補う効果

 

便通を良くする、便秘改善効果

 

疲労回復効果

 

体の冷え解消効果

 

 

 

これらは、すべてサジーを飲むことで栄養補給ができて、体に起こりうる効果です。

 

すべての人がこのような効果を感じられるわけではありませんが、
飲まないよりは飲んでみたほうが健康にはいいことは確かです。

 

サプリメントのように1つの偏った栄養食品というわけではなく、自然の果物である沙棘サジーそのままなので様々な栄養素のバランスがとれた栄養食品です。

 

 

なのでいつもの食生活にプラス1品という感じで摂取することができます。

 

 

そのため副作用的な効果はほぼないのです。

 

 

沙棘サジーの副作用効果

先ほども書いたように、沙棘サジーを飲むと言う事はいつもの食事にプラス1つの果物ということなので、体に悪い効果はほぼゼロです。

 

ただ、酸っぱさが強いので空腹時に飲んでしまうと、胃が弱い人は荒れてしまうかもしれませんのでご注意下さい。